「ローカル開発環境」とは何か?初心者におすすめのツールもご紹介。

2022.03.27

Web制作やWeb開発にてたびたび耳にする「ローカル開発環境」とは一体何か?

プログラミング学習と違って、苦手意識のある方も多いと思います。

「ローカル開発環境」はWeb制作や開発には必須なので、学習しておきましょう。

 

この記事は、

「ローカル開発環境がなぜ必要なのか知りたい」
「ローカル開発環境の構築方法が知りたい」

という方におススメです。

「ローカル開発環境」とは

「ローカル開発環境」とは、言葉の通り、ローカルでの開発環境のことです。

もう少し詳細を説明すると、ローカル(=自身のPC)のプログラミング開発環境のことを指します。

制作したサイトや開発したアプリをサーバにアップする前に自身のPCで仮想的にサーバを立てて、開発するために用いられます。

サーバにアップされたサイトを直接触って開発すると、開発途中が公開されてしまったり、もしバグが起きて取り返しがつかないことになります。

そんなことを防ぐために、自身のPCでサーバを立てて開発を行なって、問題ないことを確認してから、サーバにアップします。

安定した運用や制作をするために「ローカル開発環境は」必須なのです。

なぜ「ローカル開発環境」が必要なのか

そもそもなぜ、自身のPCに開発環境を作る必要があるのでしょうか?

HTMLやCSS、JavaScriptを勉強してきた方は、「ローカル開発環境」を構築せずに、開発を行ってきたと思います。

PHPやWordPressを勉強し始めると必ず「ローカル開発環境」を構築しなければなりません。

それはなぜか。

プログラミング言語には、大きく分けて、フロントエンドの言語と、サーバサイドの言語があります。

フロントエンドの言語はHTML、CSS、JavaScriptなどが該当します。

サーバサイドの言語はPHPなどが該当します。

サーバサイドの言語は、サーバがないと動きません。

「ローカル開発環境」仮想的にサーバを立てることができます。

なので、PHPをサーバにアップせずとも、ローカルに立てた仮想的なサーバにアップすることによって、動かすことができるのです。

なので、サーバサイドの勉強や開発を行うにあたって、「ローカル開発環境」の構築は必ず行う必要があります。

「ローカル開発環境」のためのツール

webのプログラミングを学んでいる人は『まずHTMLとCSS、そしてJavaScript、次にPHP』という流れで勉強する方も多いのではないでしょうか。

先ほども説明した通り、PHPはサーバでしか動かない言語なので、必ず「ローカル開発環境」が必要となります。

PHPを学習する前に開発環境の構築が難しく、挫折してしまう方も多いです。

ここでは、初心者におすすめな「ローカル環境構築」のためのツールをご紹介します。

XAMPP(MAMP)

初心者に絶対にオススメなのが「XAMPP(MAMP)」です。

どのツールを使おうか迷っている初学者の方は、迷わずXAMPPやMAMPから始めてください。

導入が極めて易しく、GUI操作(ブラウザでの操作)でローカル開発環境の構築をすべて行うことができます。

XAMPPを使ったWordPress環境の構築方法についても、別記事にて解説しております。

コード、コマンド不要!XAMPPを使ってWordPressサイトを表示しよう。

Docker

Dockerの特徴は”コンテナ”を使用している点です。

“コンテナ”を用いることによって、クラウドでデータを管理できます。

PCにデータを残さずに開発環境を構築することができます。

XAMPPに慣れてきた方は、Dockerを使ってみてもよいのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか?

「ローカル開発環境」についての概要は掴んでいただけたかと思います。

サーバサイドの言語を勉強しようとしている方は「ローカル環境開発」が必須になります。

実務でも必ず使用されますので、ツールと用いて、PHPを動かしてみてください。