モダンJavaScriptからReactを始める!【React実践の教科書】

2022.09.19

フロントエンドエンジニアとして、Reactは避けて通れない技術となってきました。

Reactは構造や概念が複雑で、学習しようとするとなかなか理解が難しいです。

そこで「モダンJavaScriptの基本から始める React実践の教科書」を買ってみました。

感想と対象者、お勧めしたい部分を書きたいと思います。

 

この記事は、

Reactを独学で勉強したい方
Reactの学習を一度挫折した方
「モダンJavaScript」ってなに?という方

におすすめです。

概要

UdemyのReactコースで最高評価獲得のじゃけぇさんが著者の、2021年の9月17日に発売された本書。

総ページ数は271ページです。

本書では、若手エンジニアと先輩や同僚とのストーリー形式で、現場を想定して技術を学んでいきます。

実装する目標となるWebアプリケーションがあって、それに向かって構築していくというようなわけではありません。

Reactの概念が一通り理解できる内容となっています。

モダンJavaScriptから始める React実践の教科書

本書の分厚さはこのぐらい。最初から最後まで順番に読み進めなければいけない内容ではないので、必要な箇所をサクッと読めます。

対象者

本書に対象読者はこう書いてあります。

・Reactを習得したい人
・Reactの学習を一度挫折した人
・従来のJavaScriptからモダンJavaScriptへの変遷を知りたい人
・モダンフロントエンドの概要を把握しておきたいサーバサイドエンジニアやインフラエンジニア

私はまさに、Reactの学習を一度挫折した人で、フロントエンドの技術を伸ばしたいと思い、Reactを触ってはみましたが、なかなか理解するのに苦しんでおり、本書を手に取りました。

フロントエンド技術を伸ばしたいけど、Reactを触ったことがない方が、Reactの概要をざっくりと理解したい方におすすめの内容だと思います。

内容と感想

モダンJavaScript

本書は「モダンJavaScriptの基本から始める」と買いてある通り、モダンJavaScriptの説明から始まります。

Reactを理解するために必要な「『モダンJavaScript』について」や「Reactがなぜ使用されることになったのか」「Reactはどのような点が便利なのか」が丁寧に書かれています。

Javascriptの基本的な操作を習得した後に、Reactがどう便利であるかを理解するための準備セクションです。

本書は、この「モダンJavaScript」についてのセクションがとても丁寧に書かれています。

私自身「モダンJavaScriptってなに?」「Reactが便利だと実感できない」と思う部分がありましたが、本書を読み進めていくことで、はっきりしました。

本書では、webpackやbabelなどを最初から最後までガッツリと書いていくことはありません。

ぼんやりと理解し、なんとなくで使っていたnpm/yarn、webpack、babelなどの「モダンJavaScript」の知見がしっかりと身に付きました。

Reactの基礎、実践

本書では第4章からReactを使って実装していきます。

「create-react-app」を使用して“Reactでできること”を解説してくれます。

Reactの基礎となるコンポーネントの作り方や、state、propsの使い方が書かれています。

退屈で難しいと感じるかもしれませんが概念から理解する必要することで、Reactを便利だ、面白い、と感じる近道となるように思います。

いきなり実践に活用できる!というよりは、Reactの概要や、Reactの基本的な記法を学習することができます。

ReactでWebアプリケーションを実装したい方は、本書を読んでからWebアプリケーションを実装してみた下記記事もぜひご参考にしてみてください。

【脱初心者】Reactで簡単なWebアプリケーションを実装する!

TypeScriptの基礎、実践

本書ではTypeScriptについても書かれています。

「TypeScript」とは、文字通り型(Type)をし指定することのできるJavaScriptです。

型を指定することで、大人数のプログラマーが開発に携わる場合でもエラーを防ぎやすいように設計されています。

他にも、変数のデータ型をあらかじめ決められることや、1つの関数定義で異なるデータ型の引数を処理できることなどの特徴があります。

もちろん、ReactはJavaScriptでも問題なく動作します。

TypeScriptは、学習コストもかかるので、取り急ぎReactを学習したいというのであれば読み飛ばしてもオーケーだと思います。

実際、私は一度読み飛ばしました。

その後、TypeScriptに触れる機会があり、本書を読み返しました。

必要な時が来れば読んでみる、でも問題ないと思います。

最後に

実際に読んでみて、

Reactを独学で勉強したい方
Reactの学習を一度挫折した方
「モダンJavaScriptってなに?」という方

におすすめしたい本です。

改めて、Reactを使用した比較的規模の大きいWebサイトやWebアプリケーションを構築するには、コピペで実装するには限界があり、概念を理解する必要があると感じました。

そのためには「モダンJavaScript」を理解する必要があり、そのためには本書は役に立ちました。

Reactを勉強しようとしている人は、いきなりReactを学習するのではなく「モダンJavaScript」からの学習をオススメします!

【独学5ステップ】React初心者のための学習ロードマップ