【独学5ステップ】React初心者のための学習ロードマップ

2022.06.22

Reactは日本でも人気のライブラリで、導入する企業も多くみられます。

フロントエンドエンジニアのスキルアップとして勉強しようとしている方も多いのではないでしょうか。

私はReactの勉強を試みて、一度挫折しましたが、現在は簡単なWebアプリケーションを作れるまでになりました。

正しい学習手順を踏むことがReactの習得において大事だと実感しました。

React初心者の方で、勉強方法、学習方法に悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

この記事は、

Reactを勉強し始めようとしている。
Reactを挫折したことがある。

という方にオススメです。

【Step.1】Javascriptを学習

JavaScriptの基礎を理解していなければ、Reactで何ができるのか、Reactのメリットを実感することができません。

私は過去にこのステップをすっ飛ばしてReactを勉強しようとしたところ
「何が便利かわからない…」
「どうしてこんなややこしい書き方をするんだ…」
となっていました。

Reactが人気のフレームワークで、すぐに扱いたいと焦る気持ちはわかりますが、Reactの恩恵を受けるためにもこのステップは避けられません。

個人的な目安としては、『「変数宣言」「アロー関数」「DOM操作」を使用して、Webサイトに動きをつけられるレベル』で問題ありません。

扱い方が不明な方や、言葉の意味がわからない方は、一度JavaScriptの基礎から勉強してみましょう。

【Step.2】モダンJavaScriptを勉強

モダンJavaScriptとは一般的には下記のような特徴があります。

・React、Vue、Angular等の仮想DOMを用いるライブラリ、フレームワークを使用
・npm、yarn等のパッケージマネージャを使用
・webpack等のモジュールバンドラー、babel等のトランスパイラを使用
・SPAで作成

上記の内容は今はほとんど分からなくても問題ありません。

Reactを実際に扱う前に上記の内容を理解しておくと、Reactを扱うメリットを理解しやすくなります。

各項目について、下記で簡単に解説します。

仮想DOM

React、Vue、 Angularは仮想DOMを用いるライブラリ、フレームワークです。

DOM(ドム)とは、HTMLを解釈し木構造で表現したもので、Document Object Modelの略です。

JavaScriptで画面の要素を変更する時は、DOMを直接指定して書き換えるような処理をしてきました。

htmlで、変更したい要素にidを付与し、JavaScriptで、document.getElementByIdで指定して変更内容を書く、という処理です。

しかし、DOM操作したい要素全てにidを付与し、その内容をjsに記載していくと、コードが膨大になり、わかりにくくなってしまいます。

こちらを解決するために使用されるのが仮想DOMです。

仮想DOMとは、JavaScriptのオブジェクトで作られた仮想的なDOMのことです。これを用い、実際のDOMとの差分を比較し、変更箇所のみを実際のDOMに反映することでDOMへの操作を最小限に抑えることが可能になります

このような説明をされると難しく感じてしまいますが「ReactやVueなどは、このような処理を裏側で行ってくれている」という認識でOKです。

npm、yarn

npmやyarnはパッケージマネージャと呼ばれるツールです。

どのプログラミング言語で開発するにしても、基本的には外部で公開されている様々なパッケージを使用して、開発することになります。それらのパッケージを管理、インストール、アップグレードを担ってくれるのがパッケージマネージャです。

各言語にパッケージマネージャがあり(PHPはcomposer、Rubyのgemなど…)、JavaScriptではnpm、yarnが使用されます。

webpack(モジュールバンドラー)、babel(トランスパイラ)

JavaScriptは、ファイルを細かく分けて開発した方が効率的で、生産性も上がります。しかし、本番に公開する際には、ファイルが多いと、読み込み回数が増えたりして、パフォーマンスが下がります。「開発はファイルを分けて行い、本番に公開する際に、ファイルを一つにまとめる」という手法を実現するために、モジュールバンドラーが作られました。現在主流のモジュールバンドラーはwebpackと呼ばれるものです。

JavaScriptの仕様が毎年アップデートされ、古い書き方だと、ブラウザによっては対応していないといったことがあります。トランスパイラとは、JavaScriptの記法をブラウザで実行できる形に変換してくれるものです。現在主流のトランスパイラはbabelと呼ばれるものです。

create-react-appを使用すれば、モジュールバンドラーやトランスパイラを意識せずに開発をスタートすることができます。

規模が大きな開発になると、webpackやbabelの仕組みを理解しておいた方がいいですが、最初は、webpackもbabelも「効率よく開発を行い、実行時にうまく変化するためのもの」という認識でOKです。

SPA

ReactをはじめとするモダンJavaScriptのWebシステムはSPA(Single Page Application)で作成されています。

SPAでは、基本的にHTMLファイルは1つのみで、JavaScriptで画面を書き換えることで、画面遷移の動きを表現しています。

SPAを使うことで以下のようなメリットがあります。

ユーザ体験の向上
開発時コンポーネント分割が容易

ユーザにとっても、開発者にとってもメリットがあるため、現在のモダンJavaScript開発ではSPAを用いることがスタンダードとなっています。

【Step.3】本で勉強

「Reactはコピペではどうにもできないから、本一冊買って勉強した方がいいよ。」

Reactを学習し始めた際に言われた言葉です。

JavaScriptでトップスクロールを実装したい場合や、ヘッダーを追従する動きを実装する場合などは正直コピペで実装が可能でした。

しかし、Reactはそうはいきません。

開発を行うにあたって、自分の開発と全く同じ状況で困っている人が少ないので、コピペで実装することが難しいのです。

Reactの仕組みや概念を理解していないと、実装に苦しみます。

eactの仕組みや概念を理解するためには、まず手を動かすのではなく、本で勉強することをオススメします。

私が購入した本は「モダンJavaScriptの基本から始める React実践の教科書」です。

「WebサイトにJavaScriptでアニメーションを付けることは可能だけど、モダンJavaScriptやReactには知見がない」という私にはぴったりでした。

前述したモダンJavaScripの基礎知識から解説されており、初心者に易しい本で、Reactの導入本にオススメです。

【Step.4】Reactのチュートリアルで学習

やっと、手を動かして、Reactを扱うステップです。

Reactは公式ドキュメントには日本語に対応しているチュートリアルがあります。

Reactの公式ドキュメントに載っているチュートリアル。「マルバツゲーム」を作る過程でReactの導入から機能の追加まで学習することができます。

チュートリアル:React の導入

教材に載っているチュートリアルがあれば、そちらでも問題ありません。

このステップでの目的は、Reactの基礎である「JSX記法」、「props」、「state」、「コンポーネント」を手を動かしながら理解することです。

チュートリアルに記載されている解説だけでは理解が難しいという方は、本で知識を補填しながら、進めていきましょう。

【Step.5】簡単なSPAを開発しながら学習

Reactのチュートリアルを終えて、手を動かして理解を深めたら、自分で考えたSPAを作成してみましょう。

このステップでの目的は、自分自身で考えて調べて、Reactを書くことです。

私が作ったWebアプリケーションは、ただただ質問に回答するだけのアプリケーションです。

Reactの練習として作成した「ただただ2択に答えるだけのWebアプリケーション」。『質問に回答する』『質問を作成する』『SNSでシェアする』等の機能を実装したSPAを作成しました。

このようなシンプルなアプリケーションでも、様々なパッケージを使用して実装されています。

自分で考えたアプリケーションに対して、どのようにしたら実装できるかを考える力を身につけていきましょう。

【脱初心者】Reactで簡単なWebアプリケーションを実装する!

最後に

私もReactを勉強し始めたばかりで、まだまだ未熟ですが、きちんとした学習手順を踏めば、簡単なSPAを作れるまでには成長できました。

一度挫折したとしても、正しい学習手順を踏めば、必ずReactで簡単なWebアプリケーションを作れるまでになります。

React初心者の方で、勉強方法、学習方法に悩んでいる方は是非参考にしてみてください。